2012年06月26日

KURERU Ver.2

間もなくKURERUをバージョンアップします。
多数の改善を含むメジャーバージョンアップです。

KURERU Ver.2

主な改善点をいくつかご紹介します。

・"新しいiPad"にフル対応しました。
 Retinaディスプレイのきれいさを生かした画面を表示します。

・文字とボタンのサイズを大きくして、見やすさ・操作しやすくなりました。

・条件分岐に対応しました。
 たとえば、サービスを知ったきっかけに"雑誌広告"が選ばれたときだけ、
 次の設問で具体的な雑誌名の選択肢を表示することができます。

・長文の設問が設定できるようになりました。
 選択肢の表示もボタン内に10文字×2段で表記できます。
 1画面あたりのボタン数は最大21個です。

・画面の切り替えはいままでどおりです!
 画面の描画と操作周りは、このバージョンアップに伴い、
 プログラムを大幅に組み直しましたが、好評を頂いている
 「きれいな背景の上をアンケートが横滑りする設計」は今までどおりです。

詳しくは、kureru.jpのサイトを見て下さいね。

posted by KURERU at 21:31| KURERU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

データの暗号化3

前回の暗号化についての記事は少々専門的でしたので、別の方法で説明します。
わかりやすいやりとりで書くとこんな感じです。
----
お客様:データは安全に保存しているかい?

業者A:はい。金庫に入れてあるから大丈夫です!
    (暗号化してあります!)

お客様:金庫の鍵はちゃんと管理しているよね?
    (暗号鍵は適切に管理しているよね?)

業者A:はい。金庫と同じ部屋に置いてあります。
    (サーバーに暗号鍵を配置しています。)

お客様:えっ?それって・・・泥棒が入ったら・・・。

業者A:ちゃんと戸締りしてるから大丈夫ですよ。
    (サーバー自体が乗っ取られることまで考えてません。)

お客様:えー。金庫の意味がないと思うけど・・・

    この業者、信用できるのだろうか。
    泥棒だけじゃなくて、人為ミスだって回避したいのに・・・。

----
どうでしょうか。ちょっとふざけた感じのやりとりになってしまいましたが、暗号鍵の扱いは重要なので、セキュリティについて考えるときは、このくらい誇張してちょうどよい塩梅かと思います。

もちろん、KURERUは暗号鍵をサーバーに置かない設計です。

iPadアンケートシステム KURERUのサイトはこちら
ラベル:暗号化 暗号鍵
posted by KURERU at 21:00| KURERU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

データの暗号化2

前回の記事では、KURERUがiPadでデータを暗号化し、そのままの状態でサーバーのDBに保存していることを説明しました。
この記事ではもう1つのポイントを説明します。

【暗号化方式にAESを採用】
暗号化方式には強固とされるAESを採用しています。AESは米国商務省標準技術局により規格化された共通鍵暗号方式です。
もっと大事なことがあります。この鍵をどう扱うかです。

【暗号キーをお客様が指定する方式を採用】
KURERUでは暗号キーをお客様が指定する方式としました。(指定は簡単です。)暗号化されたデータを平文に戻すにはこのキーが必要なのですが、KURERUではサーバーにこのキーを保存していません。
メリットは以下のとおりです。
・暗号キーがサーバーに格納されていないため、弊社のエンジニアもデータを見ることができません。
・暗号キーがサーバーに格納されていないため、万一サーバーがクラッキング(※1)されても、データの復号が著しく困難です。

※1 クラッキング:サーバーが悪意のあるユーザーに乗っ取られること。

KURERU暗号化2s.png
図1:KURERUの暗号化

--

一方、主流であるDBを暗号化する方式では以下のリスクがあります。
・暗号キーがサーバーに配置されているため、サーバー管理者がデータを復号することが容易です。よって、内部犯罪や人為的なミスでデータが漏えいする可能性があります。
・暗号キーがサーバーに配置されているため、万一サーバーがクラッキングされた場合、データが漏えいされやすい構造です。

一般暗号化2s.png
図2:一般的な暗号化


【重要なこと】
私たちの解釈では、個人情報を含むアンケート結果を外部のソフトウェア会社が見ることができる場合は、お客様に対してそのことを明示する必要があると考えています。

iPadアンケートシステム KURERU (クレル)のサイトはこちら
posted by KURERU at 21:17| KURERU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

データの暗号化1

アンケートは個人情報とセットで取得することが多いため、個人情報漏えいを防ぐ仕掛けを採用することは必須事項です。

KURERUでは、iPadでアンケート結果の暗号化を行い、そのままの状態でサーバーへ送信し、データベースに保存する方式を採用しています。

KURERU暗号化s.png
図1:KURERUの暗号化

当たり前の様ですが、実は次の方法が主流です。

 1.データ通信をSSLで暗号化。
 2.データベースを暗号化。

一般暗号化s.png
図2:一般的な暗号化

この暗号化はミドルウェアの設定で行えて実現が簡単なことから、よく採用されています。

この方法は、KURERUの方式に比べて、1と2の間でデータが暗号化されていない状態に戻るため、リスクが高くなってしまうのです。

暗号化についてはもう1つ重要なポイントがあるのですが、それは次回に説明します。

iPadアンケートシステム KURERU (クレル)のサイトはこちら

ラベル:暗号化 個人情報
posted by KURERU at 09:57| KURERU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

顧客を見える化

アンケートの目的は企業によって様々ですが、一番の目的は、「顧客を見える化」することに尽きるかと思います。

いつ、どのようなお客様が、サービスをどこで知り得たのか、どのような目的で来たのか、商品の感想はどうだったかなどの情報は、マーケの戦略上欠かせないものです。

・どのような特性のお客様が来ているのか。
 (年齢層、性別、住んでいるところ、職業、年収・・・)

・何を見てきてくれたのか。
 (広告、DM、通りがかり、誰かの紹介・・・)

・来た目的は?
 (商品の購入、具体的な商品を見に来た、情報集め・・・)

・来た感想は?
 (商品を見てどう思ったか、サービスの感想、場所の感想、不満なことは・・・)

これらを集計して顧客を見える化します。

iPadアンケートシステム KURERUを使うとアンケートの作成と集計が簡単です。

KURERUではWeb上で簡単にデータ集計する機能の他に、
Excelで分析がしやすいようにレイアウトしたデータを出力することができます。


見える化によって戦略的に事業の改善を行うことができるようになります。
例えば・・・

・商品の改善プランを検討する。
 どのような顧客が多いのか。
 どの商品がどのような理由で好まれているのか。
 改善すべき個所はどこか。

・広告の効果を改善する。
 どの広告に対して良い結果が得られたのか。
 広告どのような顧客か来るのか
 広告の費用対効果はどの程度か

・担当者毎の結果を集計して、担当者の教育に生かす。
 誰が接客すると、顧客の印象がよいのか。
 誰がどのタイプの顧客と相性が良いのか。
 どのような接客が顧客と企業の利益につながるのか。

アンケートを上手に活用することで「顧客を見える化」できるのですね。

データ分析についてはこのサイトのほうが詳しいです。ご参考まで。

posted by KURERU at 10:03| KURERU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。